戦国時代を勝ち抜くためのラーメン店独立開業ガイド

飲食業界未経験者でも成功可能!ラーメン店での独立術

学校・コンサル会社の利用

このページではスクールやコンサルティング機能を持つ食の道場大和ラーメン学校などを利用した独立方法と、それらの事例を紹介します。

学校で勉強してラーメン店で独立起業する方法

学校で勉強してラーメン店で独立起業する方法近年のラーメンブームもあって、ラーメン店を起業したいというヒト向けのスクールやコンサルティング機能を持った学校や開業塾という存在も注目です。
そこで学ぶのはラーメンづくりや経営・接客スキル、そして開店準備のサポートも得られます。
社内独立やフランチャイズとの一番の違いは、オリジナルのラーメンづくりに取り組めること。
一般的な調理の専門学校に比べると、1日体験から1~2週間程度のコースが多いので、それだけですべてをマスターできるわけではないでしょうが、業界全体の最新トレンド個性的な店舗づくりのノウハウなどを知るのに向いています。
実際の店舗運営は自己責任になるので、その点でリスクは少なくありませんが、特定のラーメン店の系列には入りたくないというヒトなら、自分の味を追求できるこの方法がいいでしょう。

食の道場や大和ラーメン学校などの起業支援の事例

ラーメン店経営のための学校や開業塾に分類される組織の中から、以下に2つの事例を紹介します。

■石神秀幸氏が塾長を務めるラーメン塾・食の道場の場合
ラーメン王として知られる石神秀幸氏が塾長で、講師には有名店の店主がラインナップされているラーメン塾。
15日間合宿型本気コース48万円で、ラーメンをイチから学ぶコースになっています。
調理技術や経営のノウハウなどは実践的な内容で、開業サポートにも対応しています。
修了時には認定証が発行されるのも開店時の信頼になるでしょう。

■大和製作所が運営する大和ラーメン学校の場合
運営母体の大和製作所は香川県に本社を置く製麺機のメーカー
そうした背景もあって、こちらはラーメンだけでなくうどんやそばの学校も運営しています。
ラーメン学校7日間で、うち2日間が経営講義、費用は38万6470円です。
製麺の専門企業で、多くのラーメン店と取引をしてきた同社が提供するノウハウは、ラーメンブームの中で勝ち抜いていくためにも大いに役立つと思います。

 
 
 
戦国時代を勝ち抜くためのラーメン店独立開業ガイド