戦国時代を勝ち抜くためのラーメン店独立開業ガイド

飲食業界未経験者でも成功可能!ラーメン店での独立術

徳福・清正

このページでは5つのラーメンブランドを一括購入できる独自制度など、独立開業を支援する徳福のラーメン店FCシステムについて解説します。

徳福のFCの特徴や実績|ラーメンでの独立開業支援

徳福を運営するのはオムニプランニング
そのFCシステムの特徴及び強みと言えるのは主に以下の6点です。

  • 立地適合型のラーメンFCである
  • FCでも味の均一化ができるノウハウがある
  • 時流を見据えた商品開発能力を本部と店舗で共有
  • 5つのラーメンブランドをFCが選べるROS(ラーメン・オムニバス・システム)を採用
  • 複数ブランドを一括購入できるFCなので新規事業や業態転換に強い
  • 初期投資を約2年で回収できるビジネスモデル

また、実績で特筆すべきはテーマパークやショッピングセンターなどの出店で高評価を得ている点です。
全国で40店舗以上の出店実績があり、アンケートなどで1位を獲得するなど消費者に対しても高いブランド力を持っています。

徳福のラーメンFCで独立開業するまでの流れ

同社のFCシステムでラーメン店を開業するまでの流れは以下の通りです。

  1. 問い合わせ~面談
  2. 5つのラーメンブランドからFCブランドを決定
  3. 加盟店契約の説明
  4. 最終面談
  5. FC契約の締結
  6. 立地調査と物件開発
  7. 店舗の設計やデザイン、施工業者の決定
  8. 店舗の工事契約~着工
  9. 店舗の完成~引き渡し
  10. 開店準備やオペレーショントレーニング
  11. 開店

ラーメンFCで独立開業!徳福の参加条件やサポートとは

同社のFCシステムへの参加条件は以下の設定になっています。

■加盟店契約の条件

  • 加盟金/200万円
  • 保証金/50万円
  • 研修費/20万円
  • ロイヤリティ/売上高の3%/月

開業費用については新規開店既存店の居抜きの場合とでシミュレーションがなれているので、以下をご覧ください。
店舗規模は20坪標準モデルの概算です。

■開業費用モデルケース

項目 新規開店 既存店の居抜き
加盟金 200万円 200万円
保証金 50万円 50万円
研修費 20万円 20万円
店舗設計やデザイン 実費 実費
POSやPC 20万円 20万円
厨房設備費用 300万円 実費
内外装工事費用 1000万円 200万円
食品や備品など 30万円 20万円
合計 1620万円~ 510万円~

■収支モデルケース

項目 15坪の場合 20坪の場合
月間売上 300万円 600万円
仕入原価 90万円 180万円
人件費 75万円 150万円
家賃 18万円 36万円
光熱費 27万円 36万円
POSやASP 3万円 3万円
ロイヤリティ 9万円 18万円
その他 6万円 12万円
減価償却費 8万7500円 10万8300円
合計 236万7000円 445万8000円
営業利益 63万3000円 154万2000円

■開業前後の主なサポートシステム

  • 2日間の無料お試し研修を実施
  • 加盟金の分割払いに対応
  • 14~30日の店舗実習を実施

ラーメンFCで独立開業を支援する徳福の基本情報

  • ラーメン店での独立開業を支援する徳福のFCシステム企業名/株式会社オムニプランニング
  • 本部所在地/神奈川県横浜市保土ヶ谷区月見台51-6
  • 設立/1991年3月
  • ラーメン店ブランド/徳福、清正、風雷神、炎の虎、浜の銀
 
 
 
戦国時代を勝ち抜くためのラーメン店独立開業ガイド