戦国時代を勝ち抜くためのラーメン店独立開業ガイド

飲食業界未経験者でも成功可能!ラーメン店での独立術

独立にオススメのラーメンフランチャイズBEST5

このページではラーメン店オーナーとして独立するのに適したフランチャイズを5社厳選、費用やロイヤリティ、メリットなどをランキング形式で比較しています。

ラーメン店独立に適したブランドは?注目のフランチャイズを比較

比較したのは以下の4つのポイント。それぞれ5点満点の独自評価しランク付けしました。

  • 開業時の費用
  • ロイヤリティ
  • そのラーメンブランドで独立するメリット
  • フランチャイズ側の自由度

ひと口にラーメン店のフランチャイズといっても制度や内容には違いがあるので、問い合わせをする際の参考にご覧ください。

 

1位 蔵出し味噌 麺場 田所商店

独立にオススメのラーメンフランチャイズ1位/蔵出し味噌 麺場 田所商店 本店独立にオススメのラーメンフランチャイズ1位/蔵出し味噌 麺場 田所商店オリジナルの店名もOKのラーメンフランチャイズ/蔵出し味噌 麺場 田所商店

開業時の費用 参加費/100万円
契約保証金/100万円
デザイン費/30万円
研修費/無料
合計/230万円
5.0
ロイヤリティ なし 
※賛助金として 毎月1万円のみ
5.0
このブランドで独立するメリット 他には少ない味噌ラーメン専門ブランド差別化でき集客に有利
店舗の坪数や席数に関する制限なく開店できる
研修費用無料で職人レベルのスキルが身につけられる
比較的営業コストが安く抑えられる
店舗で調理する本物志向の味の良さでリピート率が高い
全国・海外に展開。多店舗経営するオーナーが多く実績が豊富で安心
フランチャイズ店舗の撤退は未だゼロと将来性有望
4.5
自由度 屋号や店舗の内外装、一部のメニューは本部と相談して自由に決められる
最重要素材の味噌は複数種類から3つを選ぶことができる
地域や客層に合わせて特色のあるトッピングを使うことができる
4.5

蔵出し味噌 麺場 田所商店のFC詳細はこちら>>

 

2位 東麺房

独立にオススメのラーメンフランチャイズ2位/東麺房独立にオススメのラーメンフランチャイズ2位/東麺房

開業時の費用 加盟金/126万円
保証金/100万円
本部研修費、オープン指導料(25日間)/52万5500円
合計/278万5,500円
4.0
ロイヤリティ なし
※商標使用料として 毎月2万1,000円
4.5
このブランドで独立するメリット タイプの異なる5つのラーメンブランドを展開
主要な食材を自社工場で製造してフランチャイズに提供
ロイヤリティがゼロだから高い利益率が期待できる
1985年にラーメンフランチャイズ事業に参入、30年近い実績があり安心
全国各地に店舗を展開
5.0
自由度 主要食材以外は自由裁量など自由度が高い 4.0

東麺房のFC詳細はこちら>>

 

3位 徳福/清正

独立にオススメのラーメンフランチャイズ3位/徳福独立にオススメのラーメンフランチャイズ3位/徳福

開業時の費用 加盟金/200万円
保証金/50万円
研修費/20万円
合計/270万円
4.0
ロイヤリティ 毎月売上高の3% 3.5
このブランドで独立するメリット 立地適合型のラーメンフランチャイズである
フランチャイズでも味の均一化ができるノウハウがある
時流を見据えた商品開発能力を本部と店舗で共有
初期投資を約2年で回収できるビジネスモデル
テーマパークやショッピングセンターなどの出店で高評価を得ている
4.5
自由度 徳福・清正など5つのラーメンブランドから選べるROS(ラーメン・オムニバス・システム)を採用
複数ブランドを一括購入できるシステムなので新規事業や業態転換に強い
4.5

徳福のFC詳細はこちら>>

 

4位 味千ラーメン

独立にオススメのラーメンフランチャイズ4位 味千ラーメン独立にオススメのラーメンフランチャイズ4位 味千ラーメン

開業時の費用 加盟契約金/200万円
保証金/100万円
マニュアル代/3万1500円
契約書印紙代/4000円
合計/303万5,500円
3.5
ロイヤリティ なし
※商標使用料として 毎月3万円
4.0
このブランドで独立するメリット 1968年誕生で40年以上の伝統を持つ味
熊本ラーメンならではの豚骨+千味油が特徴
食品製造企業が母体だから食材管理が安定している
海外の食文化を取り入れるなど新メニュー開発に積極的
国内100店・海外684店と800近い店舗を展開する実績があり安心
4.5
自由度 店舗設計は本部スーパーバイザーとオーナーとが一緒に検討できる
物件探しや店舗施工業者はオーナーが手配してもよい
4.0

味千ラーメンのFC詳細はこちら>>

 

5位 らあめん花月嵐

独立にオススメのラーメンフランチャイズ5位/らあめん花月嵐独立にオススメのラーメンフランチャイズ5位/らあめん花月嵐

開業時の費用 審査依頼料/20万円
保証金/100万円
加盟金/105万円
研修費/31万5000円
合計/256万5,000円
4.5
ロイヤリティ 毎月21万1,500円 3.5
このブランドで独立するメリット 期間限定やコラボ企画などメニューの企画開発力が高い
独自の7段階店舗評価基準表をもとに解決策を提案
本部スタッフが覆面調査で改善策をフィードバック
20年のノウハウを蓄積した秘伝のマニュアルあり
35日間の凝縮された厳しい研修を実施
5.0
自由度 新規開業と既存店引継ぎ開業プランが選べる 3.0

らあめん花月嵐のFC詳細はこちら>>

 

ラーメン店独立開業FC 注目は「蔵出し味噌 麺場 田所商店」

ラーメン店での独立成功を目指す方にぜひ注目していただきたいフランチャイズブランドとして、株式会社トライ・インターナショナルの「蔵出し味噌 麺場 田所商店」を取り上げたいと思います。
注目する理由は以下の5点にあります。

1.味噌専門の独自性と本物志向の味が成功要因

ラーメン店独立開業FC注目は「蔵出し味噌 麺場 田所商店」メニューのひとつとして味噌ラーメンを提供しているラーメン店は多々ありますが、味噌専門のラーメンブランドは麺場 田所商店ならではの特徴。競争が激しいラーメン業界でも他との大きな差別化になるので、集客でも有利になるでしょう。

また、そのオリジナルな味は職人技によって店で調理されます。大型チェーンではセントラルキッチン方式を採用して、店では温めるだけのところもあるのに対して、本物志向の味の良いラーメンなのでリピート率も高いのです。

2.開業費用や営業費用が比較的低コスト

味噌専門のラーメンFC 麺場 田所商店開業時に本部へ支払う費用は230万円で、2か月2人分の研修費用はかかりません。店舗開業の実費は必要ですがロイヤリティもゼロで、その代わりとなる賛助金は、どんなに売上げが多くても月1万円の固定制です。

このように開業時と営業時の出費が他チェーンに比べて安価に設定されているので、高収益が期待できます

また、タイミングが合えば居抜き物件での開業も可能で、その場合は初期コストをより安価に抑えられます。

3.多店舗経営者が多くフランチャイズ店舗撤退が未だない

実績面でもオススメなのが多店舗展開しているオーナーが多いという点です。

ラーメン店独立開業FC 注目の「蔵出し味噌 麺場 田所商店」麺場 田所商店はこれまで国内で40店舗のフランチャイズを出店していますが、大半が多店舗経営を実現しています。
1店舗のみの経営は全体の4分の1ですが、そのうちの3社も増店が決定、2社が検討中という状況とのこと。
さらに、フランチャイズ店では未だ撤退した店舗がないというほど、売上や経営の順調ぶりがうかがえます。

4.フランチャイズオーナーの自由度が高く、やりがいが増す

麺場 田所商店はフランチャイズオーナーの自由度が高く、やりがいが増すラーメンに限らずフランチャイズビジネスは本部が定めた仕様や制約を守る必要があるものですが、麺場 田所商店のフランチャイズ制度は店舗オーナー側の自由度が高い点も特徴です。

屋号や店舗の内外装、一部のメニュー本部と相談して自由に決めることができますし、味噌は複数種類から3つを選択することも可能です。

もちろん有名ブランドを利用することがビジネス上の大きなメリットなので、基本的にフォーマットに沿う方が良いのは言うまでもありません。
それでも、地域や客層によって特色のあるトッピングを用意するといった工夫ができるので、オーナーとしてもやりがいが増すと思います。

5.厳しい研修制度があるから職人になれる

上でも紹介したように麺場 田所商店では2か月間の研修を無料で提供しています。しかし、無料といってもその内容は厳しく妥協は許されません

ラーメン店で成功するためにもっとも重要なのはやはりラーメンの味。2か月間で職人レベルのスキルを身につけるために厳しい研修を実践していることが、同社フランチャイズの成功にもつながっています。

なお、同社ではフランチャイズという呼び方をせず、暖簾分け制度としています。これは本物の職人だからこそ店舗開業を任せられるという証にもなっているのです。

ラーメン店独立開業におすすめ
蔵出し味噌 麺場 田所商店の暖簾分け制度の詳細はこちら

http://www.misoya.net/

 
 
 
戦国時代を勝ち抜くためのラーメン店独立開業ガイド