戦国時代を勝ち抜くためのラーメン店独立開業ガイド

飲食業界未経験者でも成功可能!ラーメン店での独立術

東麺房

このページでは東麺房紺のれんなどのラーメン店を展開するグループ企業のFCシステムについて、開業支援の内容を解説します。

東麺房、紺のれんのFCの特徴や実績|ラーメンでの独立開業支援

東麺房、紺のれんなど5つのラーメン店ブランドをチェーン展開するのはアイビイケイで、FCシステムの特徴及び強みと言えるのは主に以下の4点です。

  • タイプの異なる5つのラーメンFCブランドを展開
  • 主要な食材を自社工場で製造してFCに提供
  • ロイヤリティがゼロだから高い利益率が期待できる
  • 主要食材以外は自由裁量などFC店の自由度が高い

同社は1985年にラーメンFC事業に参入、その実績は30年近くになります。
全国各地に店舗展開していますし、豊富な実績によって蓄積された独自のノウハウはFCオーナーにとって大きな支えになるでしょう。

東麺房、紺のれんのラーメンFCで独立開業するまでの流れ

同社のFCシステムでラーメン店を開業するまでの流れは以下の通りです。

  1. 店舗見学や試食も含む加盟の相談
  2. 加盟の申し込みと開業プランの提案
  3. 出店への心構えを聞く面談、見積書や事業計画書の提案
  4. FC加盟契約の締結
  5. 店舗物件の確定
  6. 店舗の設計・施工~開店準備、本部での研修
  7. 開店

ラーメンFCで独立開業!東麺房、紺のれんの収支やサポートとは

同社のFCシステムへの参加条件は以下の設定になっています。

■加盟店契約の条件

  • 加盟金/126万円
  • 保証金/100万円
  • 契約期間/5年
  • ロイヤリティ/無料
  • 商標使用料/2万1000円/月
  • 運営指導料(訪問指導時)/1万500~2万1000円

15坪以下の小型店の場合、開業費用や収支のモデルケースは以下の通りです。

■開業費用のモデルケース

  • 加盟金/126万円
  • 保証金/100万円
  • 内外装工事費(各種工事費)/735万円~
  • 厨房機器/200万円~
  • 本部研修費、オープン指導料(25日間)/52万5500円
  • 雑品等(備品・調理・食器など)/84万円~
  • 合計/1297万5000円~

■収支のモデルケース

  • 月商/240万円
  • 原材料費/84万円
  • 賃料/24万円
  • 人件費/30万円
  • 水道光熱費/21万6000円
  • 商標使用料/2万1000円
  • 運営指導料(訪問指導時)/1万500円
  • POSレジ(リース)/1万7535円
  • 食材受注システム/2100円
  • その他経費/10万円
  • 営業利益/65万2865円

■開業前後の主なサポートシステム

  • 開店時に本部からスーパーバイザーを派遣
  • 開店後の技術向上や売上増進をサポート

ラーメンFCで独立開業を支援する東麺房、紺のれんの基本情報

  • ラーメン店での独立開業を支援する東麺房、紺のれんのFCシステム企業名/株式会社アイビイケイ
  • 本部所在地/東京都葛飾区亀有1-27-4
  • 設立/1985年9月
  • 売上高/7億円(情報サイトより)
  • ラーメン店ブランド/らーめんランド、東麺房、紺のれん、夢道中、めん組
 
 
 
戦国時代を勝ち抜くためのラーメン店独立開業ガイド