戦国時代を勝ち抜くためのラーメン店独立開業ガイド

飲食業界未経験者でも成功可能!ラーメン店での独立術

自分でラーメン店を独立開業するために必要なものとは

当サイトでは経営者としてラーメン店での独立を考えているかた向けに、開業方法や人気店のFCシステムについて紹介しています。

ラーメン店を独立開業するために必要なもの――それは主に以下の4点です。

  • 資格ラーメン店を独立開業するために
    食品衛生責任者の届出で、1日講習で取得できます。収容人員30人以上の店舗の場合、防火責任者も必要。
    調理師免許はなくても開業可能ですが、あれば食品衛生責任者の講習は不要となります。
  • ノウハウ
    調理技術だけでなく、食材調達やメニュー開発、さらに経営者としての経理・人材育成といったスキルが必要です。
  • 店舗
    新規と居抜き、ビルイン型・ロードサイド型・フードコート型などの違いがあります。
  • 資金
    おおまかにはノウハウ習得と開店準備の費用が必要で、開店に向けては店舗や設備、備品や食材、宣伝やスタッフ募集などのコストがかかります。

ラーメン店を独立開業するための3つ方法とは

では、ラーメン店で独立するには、どんな方法があるのでしょう。主に以下の3つがあります。

暖簾分け・社内独立

ラーメン店によっては社員やアルバイトに対して社内独立制度で店舗オーナーになれるところがあります。
収入を得ながら修行ができて、調理や経営ノウハウを蓄積できるのがメリットですが、早くても数年の時間がかかるのが実情です。

フランチャイズに加盟

有名ラーメン店のフランチャイズに加盟することで、短期間での開業が可能になります。
未経験者でも数週間から1ヵ月程度の研修で基本技術が身につきますし、店舗・人材・メニュー・運営などすべての面で本部のサポートを受けられるのがメリットです。
一方、加盟にあたって費用がかかるのと、オーナーであっても一定の制約を守る必要がある点は注意してください。

学校・コンサル会社の利用

最近は1~2週間程度の期間でラーメン店経営のノウハウを教えてくれる学校やコンサルティング会社もあります。
安価かつ短期でノウハウ習得できますし、自分の理想のラーメンづくりを追求するにはいいと思いますが、開店準備から実際の経営や費用負担も含めてすべて自己責任となるリスクがあります。

ラーメン店の独立開業にお勧めの方法は?

ラーメン店の独立開業にお勧めの方法はフランチャイズへの加盟上記の3つの方法はそれぞれメリット・デメリットがあり、その人によって合う条件は異なると思いますが、比較的手軽で堅実にラーメン店を独立開業できるのはフランチャイズへの加盟でしょう。

社内独立に比べれば短期間で店舗オーナーになれますし、大手ラーメン店のブランドを使いながら本部からのサポートも受けられます。

ラーメン店は小規模で回転率も良いため、個人が新規事業として取り組むのに適したビジネスです。

このサイトでは独立開業にオススメの注目ラーメンFCを5社厳選し、ランキング形式で紹介していますので、ぜひチェックしてみてください!

 

※このサイトは、個人が調査した情報をまとめたサイトです。詳細情報・最新情報は、各ラーメンFCの公式サイトでチェックしてください。

 
 
 
 
戦国時代を勝ち抜くためのラーメン店独立開業ガイド